ばおばぶゲームズ

ゲームに没頭する毎日、スプラトゥーン、プレイ記録、ウデマエオールX。

配信をやる上での抵抗感、経済的な資本

f:id:ta423:20210822052046j:plain

簡単な考察です。

大きな声を出せる環境がない

ほとんどの人はこれだと思います。家族に自分が喋っているの聞かれるの恥ずかしいし、リーグマッチすらいきなり知らない人と話すの抵抗感あるのが普通じゃないでしょうか。

叩かれるのが怖い

インターネットには他人を攻撃することで安らぎを得ている人がいます。

これはひとつ、ノイズだと捉え、俯瞰する必要があるかと思います。ぶっちゃけ僕も怖いから記事はオブラートな書き方をしているし、もうちょっと本格的に商売としてやっているサイトは、パターンを決めてその枠組みでしかコンテンツ制作をしていません。

それでも批判が来ることはありますが、安易な批判に共通しているのは、記事をよく読んでいないということです。恐らくは一人でインターネットに向かっている時、人は自分自身の世界に入り込んでいる。自分自身の何か投影を見るのではないでしょうか。そんなこと書いてないじゃん、って思いながら記事を読み返したものです^^;

スプラトゥーン2は若いユーザーが多いこともあり、ツイッターなど見てましても、30歳を過ぎた自分から見ますと、文化が若いなと感じることはあります。この点について、丁寧な立ち回りが求められるかなと思っております。

機材を買うお金がない

配信機材って高いです。数十万円のPC、数万円のマイク、編集ソフト等々。

もともと声が大きい人とか面白いこと言える人はいいですけど、凡人はそれなりの収録環境を作らないと、コンテンツとして全くレベルの低いものになると思います。

個人的な課題ですが、僕なんか喉仏の位置が明らかにおかしくて、その身体的欠点が発声に影響している気がします。もっと安定してクリアな発声ができたらいいのに。なのでこの弱点をうまく克服していかないといけない。

パソコンや収録の知識がない

僕自身はこんなブログも書いていますので意識高い系だと思いますが、それでも動画とか音声とかってなると、本当に何の知識もないです。なので今は毎日テスト収録しては、ダメなところを数時間かけて修正する、の繰り返しです。

結論

必要な資本

  1. 部屋
  2. 機材を買うお金

マインドセット

  1. 知識
  2. 折れない心

 

 

当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。